主要業績一覧

論文誌

  1. Katsunori Kotani, Takehiko Yoshimi, Hiroaki Nanjo, Hitoshi Isahara, "A Corpus of Writing, Pronunciation, Reading, and Listening by Learners of English as a Foreign Language", Canadian Center of Science and Education English Language Teaching, Vol.9, No.9, pp.139--155 2016
  2. 楊蕊寧,南條浩輝,壇辻正剛,"日本人学習者による中国語鼻音韻母の知覚における特徴 ―先行子音が破裂子音の場合―",ことばの科学会ことばの科学研究,vol.17, pp.115--132, 2016
  3. 西尾友宏,南條浩輝,吉見毅彦,"講演音声ドキュメント検索のための擬似適合性フィードバック",情報処理学会論文誌,Vol.55, No.5, pp.1573--1584, 2014
  4. 上田翔太,吉見毅彦,南條浩輝,小谷克則,"日本人英語学習者の習熟度に応じた聴解難易度予測式の構築",教育システム情報学会誌(ショートノート),Vol.31, No.2, pp.203--207, 2014
  5. 南條浩輝,古谷遼,西田昌史,"オープンソース音声認識エンジンJuliusへのベイズリスク最小化機能の実装と評価", 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.10, pp.2530-2539, 2013
  6. 古谷遼,七里崇,南條浩輝,"音声入力型情報検索におけるベイズリスク最小化音声認識のための単語重要度の自動推定", 情報処理学会論文誌,Vol.54, No.7, pp.1967-1977, 2013
  7. 大村絵梨,南條浩輝."多言語音声の同時認識システムにおける翻訳モデルとスコア計算の高速化", 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.10, pp.2349-2358, 2012
  8. 南條浩輝,弥永裕介,吉見毅彦."広域文書類似度と局所文書類似度を用いた講演音声ドキュメント検索", 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.6, pp.1654--1662, 2012
  9. 南條浩輝,山本祐司,吉見毅彦."機械翻訳の品質向上のための対訳コーパスからの統計的前編集システムの自動構築", 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.6, pp.1644--1653, 2012
  10. Hiroaki Nanjo, Hiroshi Kawano, Hiroki Mikami, Eri Ohmura and Takanobu Nishiura, "Shouting Speech Detection and Understanding for Acoustic-Based Security System", Journal of Information Assurance and Security (JIAS), Vol.5, Issue 4, pp.256-264, 2010.
  11. 南條浩輝,"多言語音声の同時認識枠組みの提案", 情報処理学会論文誌(テクニカルノート),Vol.49, No.12, pp.4044-4048, 2008.
  12. Hiroaki Nanjo and Tatsuya Kawahara. "Language model and speaking rate adaptation for spontaneous presentation speech recognition" IEEE Trans. Speech & Audio Process., Vol.12, No.4, pp. 391--400, 2004.

国際会議

  1. Tomoyosi Akiba, Hiromitsu Nishizaki, Hiroaki Nanjo and Gareth J. F. Jones, "Overview of the NTCIR-12 SpokenQuery&Doc-2 Task", In Proceedings of NTCIR-12 Workshop Meeting, pp.167-179, 2016. N.R.
  2. Kazunori Kotani, Shota Ueda, Takehiko Yoshimi, and Hiroaki NANJO, "A Listenability Measuring Method for an Adaptive Computer-Assisted Language Learning and Teaching System", Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC), pp.387--394, 2014.
  3. Hiroaki Nanjo, Takehiko Yoshimi, Sho Maeda and Tomohiro Nishio, "Spoken Document Retrieval Experiments for SpokenQuery&Doc at Ryukoku University (RYSDT)" In Proceedings of NTCIR-11 Workshop Meeting, pp.365-370, 2014. N.R.
  4. Tomoyosi Akiba, Hiromitsu Nishizaki, Hiroaki Nanjo and Gareth J. F. Jones, "Overview of the NTCIR-11 SpokenQuery\&Doc Task" In Proceedings of NTCIR-11 Workshop Meeting, pp.350-364, 2014. N.R.
  5. Takahiro Fukumori, Naoto Kakino, Masato Nakayama, Takanobu Nishiura, Yoichi Yamashita and Hiroaki Nanjo, "Shouted speech detection in noisy environments based on rahmonic and mel-frequency cepstrum coefficients," 7th Forum Acusticum 2014 (FA2014), Paper ID: R20C_2, 2014
  6. Hiroaki NANJO, Tomohiro NISHIO and Takehiko YOSHIMI, "Spoken Document Retrieval Experiments for SpokenDoc-2 at Ryukoku University (RYSDT)", In Proceedings of NTCIR-10 Workshop Meeting, pp.612-617, 2013. N.R.
  7. Tomoyosi AKIBA, Hiromitsu NISHIZKI, Kiyoaki AIKAWA, Xinhui HU, Yoshiaki Itoh, Tatsuya KAWAHARA, Seiichi NAKAGAWA, Hiroaki NANJO and Yoichi YAMASHITA, "Overview of the NTCIR-10 SpokenDoc-2 Task", In Proceedings of NTCIR-10 Workshop Meeting, pp.573-587, 2013. N.R.
  8. Katsunori Kotani, Takehiko Yoshimi, Hiroaki Nanjo and Hitoshi Isahara, "Applicability Readability Formulae to the Measurement of Sentence-Level Readability", 5th International Conference of Education, Research and Innovation, pp.6023--6031,2012.
  9. Katsunori Kotani, Takehiko Yoshimi, Hiroaki Nanjo and Hitoshi Isahara, "Corpus Materials for Constructing Learner Corpus Compiling Speaking, Writing, Listening, and Reading Data", Proceedings of the 13th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics, 2012.

国内研究会

  1. 森田直樹,南條浩輝,山本凌紀,馬青,"説明文を入力とした非構造化文書からの用語検索の検討", 情報処理学会研究報告 SLP-109-16, 2015.
  2. 南條浩輝,西崎博光,"初等教育における授業音声の収集と音声認識の基礎的検討",情報処理学会研究報告 SLP-106-2, 2015.
  3. 南條浩輝, 前田翔, 吉見毅彦,"音声検索語検出のためのクエリ拡張の検討", 情報処理学会研究報告 SLP-101-16, 2014.
  4. 南條浩輝, 西尾友宏, 吉見毅彦,"段階的検索と擬似適合性フィードバックを用いた講演音声ドキュメント検索", 第8回音声ドキュメント処理ワークショップ, SDPWS2014-13, 2014
  5. 柿野直人,福森隆寛,中山雅人,西浦敬信,南條浩輝,"雑音環境下における叫び声検出のための特徴量次元数の削減",電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.452, SP2013-111, pp.21-22, 2014
  6. 志々見亮, 西田昌史, 古谷遼, 南條浩輝, 山本誠一, "音声入力による音声ドキュメント検索における単語重要度を考慮したベイズリスク最小化音声認識", 情報処理学会研究報告 SLP-99-2, 2013.
  7. 秋葉友良, 西崎博光, 南條浩輝,Gareth Jones,"SpokenQuery&Doc: 自由発話音声クエリからの情報アクセス", 人工知能学会 第5回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会,pp.68--71, 2013
  8. 南條浩輝, 古谷遼,"ベイズリスク最小化音声認識の複数仮説を用いた音声検索", 情報処理学会研究報告 SLP-97-7, 2013
  9. 西尾友宏, 南條浩輝, 吉見毅彦,"講演音声ドキュメント検索のための擬似適合性フィードバック", 情報処理学会研究報告 SLP-96-3, NL-211-3, 2013.
  10. 古谷遼,南條浩輝,"ベイズリスク最小化音声認識を用いた音声検索システムにおけるクエリ生成方法の検討", 第7回音声ドキュメント処理ワークショップ, SDPWS2013-07, 2013
  11. 西尾友宏, 南條浩輝, 吉見毅彦,"ドキュメント長を考慮した擬似適合性フィードバックによる音声ドキュメント検索", 第7回音声ドキュメント処理ワークショップ, SDPWS2013-09, 2013
  12. 秋葉友良,岩野公司,緒方淳,小川哲司,小野順貴,篠崎隆宏,篠田浩一,南條浩輝,西崎博光,西田昌史,西村竜一,原直,堀貴明,"クラウド時代の新しい音声研究パラダイム",情報処理学会研究報告,SLP-92-4, 2012.
  13. 古谷遼, 七里崇, 南條浩輝, 松尾宏規, 西田昌史, 山本誠一,"ベイズリスク最小化に基づく音声入力型情報検索のための単語重要度の自動推定",第6回音声ドキュメント処理ワークショップ,2012
  14. 大村絵梨, 南條浩輝,"英日同時通訳音声の音声認識",第6回音声ドキュメント処理ワークショップ,2012

全国大会・支部大会

  1. 南條浩輝,高橋徹,西崎博光,"初等教育授業音声の利活用のためのアーカイブ技術の基礎的検討",日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-P-17, 春季 2016
  2. 中島敬之,南條浩輝,壇辻 正剛,"ラーニング・コモンズの外国語教育への応用",外国語教育メディア学会(LET)中部支部外国語教育基礎研究部会第3回年次例会, 2016
  3. 南條浩輝,吉見毅彦,"講演音声ドキュメント検索における反復的擬似適合性フィードバックの検討",日本音響学会研究発表会講演論文集, 2-Q-5, 秋季 2014
  4. 西尾友宏,南條浩輝,吉見毅彦,"講演音声ドキュメント検索のための多段検索と検索質問文拡張", 日本音響学会関西支部 第16回関西支部若手研究者交流研究発表会, No., p., 2013
  5. 南條浩輝,谷奥大喜,"初等中等教育授業における教師発話の言語的特徴のモデル化のための学習データ選択方法の検討",FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム講演論文集,E-031,pp.257-258, 2013
  6. 上田翔太,南條浩輝,吉見毅彦,小谷克則,"英語学習者の習熟度を考慮した文単位の聴解難易度予測式の構築",言語処理学会第19回年次大会講演論文集, P2-3, pp.410--413, 2013
  7. 古谷遼,南條浩輝,"音声認識エンジンJuliusの認識結果を用いた拡張ROVERの評価",日本音響学会研究発表会講演論文集, 2-9-2, pp.37--40, 春季 2013
  8. 南條浩輝,久木一平,和田祐樹,"初等中等教育の授業音声認識のための子供向け表現の抽出と言語モデル学習",日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-P-19, pp. 171-172, 秋季 2012
  9. 古谷遼,南條浩輝,"情報検索の音声入力フロントエンドにおける認識結果からのクエリ生成方法の検討",日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-1-5, pp.105-106, 秋季 2012
  10. 西尾友宏,南條浩輝,吉見毅彦,"講演音声ドキュメント検索におけるクエリ拡張の検討",日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-1-4, pp.101-104, 秋季 2012
  11. 岡本隆志,南條浩輝,吉見毅彦,小谷克則,"英文読解速度テストに用いたテキストの難易度を考慮したテスト有効性の検証",FIT2012 第11回情報科学技術フォーラム講演論文集,K-053,pp.669-673, 2012
  12. 上田翔太,南條浩輝,吉見毅彦,小谷克則,"英語学習支援のための聴解コーパスの有効性の検証",FIT2012 第11回情報科学技術フォーラム講演論文集,K-052,pp.665-668, 2012
  13. 奥村将成,吉見毅彦,南條浩輝,小谷克則,"英文読解能力測定モデルへの熟語難易度の導入",FIT2012 第11回情報科学技術フォーラム講演論文集,K-051,pp.663-664, 2012
  14. 大村絵梨,南條浩輝."英日同時通訳における英語および日本語の音声認識の検討",日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-P-16, pp.249-250, 春季 2012

研究助成・共同研究

継続中
  1. 学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究 「音声情報処理技術を利用したタイ語声調習得支援システムの研究」(分担) 2016年度-2018年度.
  2. 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(一般) 「学習・教育支援のための多様な環境で収録された授業音声の利活用に関する研究」(代表) 2015年度-2017年度.
  3. 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(一般) 「快適なWeb検索のための検索用語の獲得支援に関する研究」(分担) 2013年度-2016年度.

受賞

  1. 日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞, 2009年3月

学位論文


学会活動等

2015.9〜2017.5.31FIT2016担当委員
2015.6〜情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員
2014.12〜NTCIR-12 SpokenQuery&Doc2オーガナイザ
2014.4〜情報処理学会音声言語情報処理研究会 幹事
2012.5〜情報処理学会音声言語情報処理研究会 音声・音響クラウドWG